FC2ブログ
ユチョンが大好きです。 ユチョンの歌声がまた聞きたい!ユチョンのダンスがまた見たい!ユチョンの演技がまた見たい!そんな気持ちで書いています(*^^*)
今日で震災から2年が過ぎました。
私も記録用として、残そうと思うのでスルーしてください。





突然揺れ始め「あっ地震、結構揺れるなあ」と最初は思ったのですが、なかなか揺れが止まらず、どうしたらいいのかもわからず、家の中をウロウロ。天袋に置いてあったスプレー缶たちが落ちてきて、どうすることもできず・・・


とりあえず、外に出てみると近所の方たちも外へ出てきて、何が起こったんだろうと・・・


子供たちが帰ってこないので心配だねと話していると「こんな時は、引き取りなんじゃない?」ということで、みんなで学校へ迎えに行くことに。


歩いている間にも揺れが何度もきて、船酔いしている気分だった。


塀や、電柱を避けながら歩いて学校へ行ってみると、校庭には防災頭巾をかぶって並んでいる子供たち。

低学年は、普通に笑ってしゃべっていたので、案外平気だったのかなと思って、上の子から引き取る約束になっているので、当時5年せいだったウリタルの所へ。


すると、ウリタルは泣いていた!


聞くと、彼女たちは音楽室にいて授業中だった。


激しい揺れから、上にあったスピーカーが落ちてきて、破片がウリタルの手に当たりケガをしたと。


ケガはあとから気が付いたようだったが、ショックでしばらく泣いていたようだった。


二人を引き取ったあと、副校長に中学生はどうなっているのか聞いてみたが、わからないとのことで、みんなで中学まで行ってみたが、集団下校の真っ最中だったので、小学生の二人を連れて家へ帰宅。


幸い、我が家に被害はなかったが、テレビを見て言葉を失った。


津波被害に、涙が止まらなかった。


毎日毎日、被害が大きくなっていくのをテレビで見ながら、涙を流すしかない自分がもどかしかった。





その後、無事に生還した方のお話を聞くことができましたが、テレビでは映せない悲惨なお話をたくさん聞きました。

子どもたちの前では語ることができない、犯罪の話もしてくださいました。

日本でも、災害に乗じてそんなことをする人がいることが、残念でなりませんでした。


その方は、いろいろな所へ行って、自分が津波に流されながらも、どうやって生還したのか……

また生還した後に、亡くなられた方々への罪悪感を感じ、行方不明者を探す手伝いを始めたことなどのお話をしていると……


その時感じた気持ち、絶対に忘れてはいけないと、改めて感じました。



震災は、まだまだ終わっていない。


関連記事
スポンサーサイト





追記を閉じる▲

突然揺れ始め「あっ地震、結構揺れるなあ」と最初は思ったのですが、なかなか揺れが止まらず、どうしたらいいのかもわからず、家の中をウロウロ。天袋に置いてあったスプレー缶たちが落ちてきて、どうすることもできず・・・


とりあえず、外に出てみると近所の方たちも外へ出てきて、何が起こったんだろうと・・・


子供たちが帰ってこないので心配だねと話していると「こんな時は、引き取りなんじゃない?」ということで、みんなで学校へ迎えに行くことに。


歩いている間にも揺れが何度もきて、船酔いしている気分だった。


塀や、電柱を避けながら歩いて学校へ行ってみると、校庭には防災頭巾をかぶって並んでいる子供たち。

低学年は、普通に笑ってしゃべっていたので、案外平気だったのかなと思って、上の子から引き取る約束になっているので、当時5年せいだったウリタルの所へ。


すると、ウリタルは泣いていた!


聞くと、彼女たちは音楽室にいて授業中だった。


激しい揺れから、上にあったスピーカーが落ちてきて、破片がウリタルの手に当たりケガをしたと。


ケガはあとから気が付いたようだったが、ショックでしばらく泣いていたようだった。


二人を引き取ったあと、副校長に中学生はどうなっているのか聞いてみたが、わからないとのことで、みんなで中学まで行ってみたが、集団下校の真っ最中だったので、小学生の二人を連れて家へ帰宅。


幸い、我が家に被害はなかったが、テレビを見て言葉を失った。


津波被害に、涙が止まらなかった。


毎日毎日、被害が大きくなっていくのをテレビで見ながら、涙を流すしかない自分がもどかしかった。





その後、無事に生還した方のお話を聞くことができましたが、テレビでは映せない悲惨なお話をたくさん聞きました。

子どもたちの前では語ることができない、犯罪の話もしてくださいました。

日本でも、災害に乗じてそんなことをする人がいることが、残念でなりませんでした。


その方は、いろいろな所へ行って、自分が津波に流されながらも、どうやって生還したのか……

また生還した後に、亡くなられた方々への罪悪感を感じ、行方不明者を探す手伝いを始めたことなどのお話をしていると……


その時感じた気持ち、絶対に忘れてはいけないと、改めて感じました。



震災は、まだまだ終わっていない。


関連記事
スポンサーサイト




【2013/03/11 18:04】 | その他
トラックバック(0) |

No title
ようこちょん
私もお邪魔しました。

生還された方からの生のお話を聞く機会があったのですね。
それが事実だと……… 良いことも悪いことも…………

きっと震災は終わらない………
阪神大震災もまだ…………

私も忘れないでいようと思いました。

ようこちょんさ~ん^^
七夕
生還された方は、常日頃から防災意識が高く、常に備えていたとおっしゃっていました。
今でも、学校などで防災訓練の仕方を指導しているそうです。

津波に流された時も、どんな屋根の家に飛び移ればいいのか考えて行動したと…

今日は、改めて考えることのできる、よい機会になったと思います。

>きっと震災は終わらない………
>阪神大震災もまだ…………

私たちが忘れてはいけませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
私もお邪魔しました。

生還された方からの生のお話を聞く機会があったのですね。
それが事実だと……… 良いことも悪いことも…………

きっと震災は終わらない………
阪神大震災もまだ…………

私も忘れないでいようと思いました。
2013/03/11(Mon) 21:11 | URL  | ようこちょん #-[ 編集]
ようこちょんさ~ん^^
生還された方は、常日頃から防災意識が高く、常に備えていたとおっしゃっていました。
今でも、学校などで防災訓練の仕方を指導しているそうです。

津波に流された時も、どんな屋根の家に飛び移ればいいのか考えて行動したと…

今日は、改めて考えることのできる、よい機会になったと思います。

>きっと震災は終わらない………
>阪神大震災もまだ…………

私たちが忘れてはいけませんね。
2013/03/11(Mon) 22:21 | URL  | 七夕 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック